念のため

おはようございます。
司法書士は、相続に関わることも多いのですが
お亡くなりになられた方が、遺言を残しているかどうか
気になるものです。
遺言の存在を知らずに手続をしてしまうと、
う~ん・・・
相続人以外に遺贈する旨の遺言があった場合は、
大きく内容が変わるので注意が必要です。
多分ないと思っても念のため遺言の有無を確認すべきでしょう。
ちなみに公正証書遺言をしているかどうかは、公証役場で確認できますし、
自筆証書の場合は、誰かが預かっていないのであれば、仏壇とか簞笥とか
金庫とかにあるかも知れないですね。

司法書士 にしやん

ウィル

皆さん、こんばんは
ここ数日、時間を要する業務に追われ連日の残業です。
ご依頼者の利益優先ですから当たり前ですけどね。
さて、現在遺言の起案に関わっております。
遺言者の意思を最大限尊重し、相続人間で揉めないために
どうしたら良いか打合せを重ねております。
後は、公証人の先生に繋ぐだけです。
あっ、遺言する時は、証拠力の高い「公正証書遺言」をお勧めします。

ちなみに「遺書」と「遺言」は違います
遺書は英語で「メッセージ」、遺言は「ウィル(意思)」と言います。

司法書士 にしなか

ホームページはこちら